ホーム イベント

北海道大学松島俊也教授セミナー
2017年7月3日(東京大学本郷キャンパス)

北海道大学・大学院理学研究院の松島俊也教授のセミナーが開催されました。

「動物にとって理(ことわり)とは何か?」

Mind(心)を名詞としてではなく、動詞として捕らえようと考えた。動物は何をmindしているか(気にしているか)、mindという行為にはどのような論理が一貫しているか、これに焦点を当てれば自由にそして厳格にmindを問い得るだろう、と考えたのである。その対象としてニワトリの雛(ヒヨコ)を選び、遅延報酬で強化された色弁別課題を課した。古典的な最適採餌理論を横糸とし、辺縁系における報酬表現を縦糸として、ヒヨコがmindするものを追った。現実のヒヨコは近視眼的な利潤率を妥当な通貨として選択しているかに見えたが、その選択は対応則に基づくため、明らかに長期利益率を棄損していた。リスク感受性選択は量と処理時間の二つの変数の間で一貫せず、一意に定まる利潤率を価値関数とするという仮説には疑いが生まれた。さらに、他者との競合的採餌はヒヨコの行為を著しく歪め、高い選択衝動性、過剰労働投資、見かけ上の固執や埋没費用効果など、一見不合理にバイアスされた行動を帰結した。このセミナーでは松島研に所属したかつての学生諸君の研究を紹介する。一連の不合理行動の裏にある生態的合理性の可能性を探りつつ、神経基盤の理解についても妥当な枠組みを示したい。

IMG_0285.JPGIMG_0286.JPG


北海道大学小倉有紀子博士セミナー
2017年1月23日(東京大学本郷キャンパス)

北海道大学の小倉有紀子博士が、「社会的促進の神経基盤:行動生態学の視点から」"Neural basis of social facilitation - from behavioral ecology”と題するセミナーを行いました。

DSC_0093.JPGDSC_0098.JPG


高知工科大学岡野芳隆講師セミナー
2016年11月22日(東京大学本郷キャンパス)

高知工科大学の岡野芳隆講師(http://www.manage.kochi-tech.ac.jp/professor/okano.html)が、"Team Behavior and Descriptive Power of the Minimax Hypothesis"と題するセミナーを行いました。

Abstract: We report the results of an experiment comparing team and individual behavior in a two-player zero-sum game and assess the descriptive power of the minimax hypothesis. Tests based on the choice frequencies reveal that the play of teams is largely consistent with the minimax hypothesis in the first half of the experiment, but not in the second half. On the other hand, the play of individuals is inconsistent with the minimax hypothesis in both halves. Furthermore, by using the model selection methods, we select the best model that describes the experimental data among the minimax model, experience-weighted attraction learning model, reinforcement learning model, belief-based learning model, and quantal response equilibrium. The minimax model describes the data best for about half of the decision makers for both teams and individuals. Contrast to the results based on the choice frequencies, the number of teams for which the minimax is the best model is larger in the second half than in the first half, while those numbers of individuals are similar in both halves.


オタゴ大学Nathan Berg准教授セミナー
2016年3月4日(東京大学本郷キャンパス)

ニュージーランド・オタゴ大学経済学部のNathan Berg准教授 (http://www.otago.ac.nz/economics/staff/otago077820.html) が、"Anti-fragility with respect to free riding, or free-ride robustness"と題するセミナーを行いました。

Abstract: Many economists who study public goods games and tragedies of the commons appear to regard the first-best or ideal goal of a social system as designing incentives in such a way as to prevent free riding. In contrast to that view, I consider real-world environments with multiple public goods decisions in which free-riding and near-socially-efficient contribution levels can happily co-exist. I discuss both theoretical mechanisms and empirical data suggesting that free-riding and high rates of contributions to public goods can co-exist, without spiralling to the universal zero-contribution outcome, when embedded in an environment with multiple public goods games, each with their respective contribution decisions. Following Nassim Taleb’s notion of anti-fragile and previous work by Kameda showing that not-so-tragic “tragedies of the commons” are rather widespread in the real world, I consider the prospects for designing environments in ways that nurture near-socially-efficient levels of contributions without trying to eliminate free-riding. Rather the goal, I argue, should be to achieve anti-fragility with respect to free-riding or, equivalently, “free-ride robustness.”

IMG_4658.JPGIMG_4659.JPG





第19回実験社会科学カンファレンス
2015年11月28・29日(東京大学本郷キャンパス)

実験社会科学カンファレンスとは、実験を通じて広範な社会科学領域の連携を図る目的の会議で、今年で19回目を迎えました。今回も、実験経済学、行動経済学、社会心理学、実験政治学、数理生物学、脳科学などの研究者が集い、異分野交流的な活発な議論が行われました。カンファレンスホームページはこちらから。
LinkIcon当日のプログラムは左からダウンロードできます。

DSC_0336.JPGDSC_0340.JPG
DSC_0346.JPGDSC_0345.JPGDSC_0344.JPGDSC_0343.JPGDSC_0342.JPG





パドヴァ大学Allessandro Angrilli教授セミナー
2015年7月24日(東京大学本郷キャンパス)

イタリア・パドヴァ大学心理学部のAllessandro Angrilli教授(http://ppl.psy.unipd.it/people/Faculty/Angrilli/Angrilli.htm)が当研究室を訪問され、"Psychobiology of empathy and emotions: new approaches and tools"と題するセミナーを行いました。研究技法を中心に、若手を含む活発な意見交換が予定の時間をはるかに超え、3時間にわたり行われました。

285.JPG283.JPG282.JPG





第1回神経経済学ワークショップ
2015年2月20-22日(神奈川県相模原市)

課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業(領域開拓プログラム)「社会価値」に関する規範的・倫理的判断のメカニズムとその認知・神経科学的基盤の解明
(亀田達也代表 H26.10 - H29.9)の支援により、国内の若手・中堅の先端研究者20名が合宿形式で、神経経済学に関わる最新の研究紹介と熱心な議論を行いました。
1st_neuroeconws_program.pdf

syuugou.JPG
kadaisettei.JPGyamadasan.JPGtanakasan.JPGsakaisan.JPGwatanabesan.JPGogawasan.JPGkawasaki.JPGkatahira.JPGminamimotosan.JPGtakagisan.JPGjimurasan.JPGsakagamisan.JPG